年金 投資

2年未納で年額39000円減額!?国民年金の受給額は??

学生時代に国民年金の保険料を免除申請した方や、保険料の免除をした方、国民年金の減額率を知っていますか?学生時代に2年納付しないと、年間約39000円、年金受給額が減額されます。また、免除された方も保険料の免除期間月数に対して、減額されてしまいます。滞納された方も、もちろん下がります。

本記事では、保険料をいつから払うか、保険料支払い月数に対する受給額について解説していきます。

国民年金の保険料はいくら、いつから払う

保険料はいくら

月額16,540円です。

40年(480カ月)満額支払うと、793万9200円になります。

40年払い続けるとずいぶんな金額を払っていることになります。

支払った保険料を年金で元を取るには、繰上げ受給、繰下げ受給ともに計算すると10年程度かかります。

保険料はいつから払う

国民年金の保険料は、満20歳以上から満60歳未満まで支払います。

この保険は、強制加入型のため、この年齢に当たる、日本住所を有する方は納税義務があります。

会社員の方は、給料から天引きされていると思います。給料明細にきっと書かれていますよね。

あなたの保険料の支払い状況を確認するには、ねんきんネットで確認が可能です。ねんきんネットに登録するには、基礎年金番号が必要になります。

国民年金の被保険者は

国民年金の被保険者は、第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者に分類されます。

  • 第1号被保険者:自営業、学生、無職など
  • 第2号被保険者:会社員や、公務員(厚生年金保険に加入している方)
  • 第3号被保険者:第二号被保険者に扶養されている配偶者

このように、国民年金は、年金制度として完全にシステム化されています。

会社員は、第二号被保険者として、国民年金と厚生年金と、最低でも二つの年金に加入していることになります。

国民年金の保険料の免除とは

国民年金は、月16,540円の保険料がかかります。この保険料は、特別な事情がある場合、免除または支払い猶予する制度があります。

保険料免除制度って

経済的理由で保険料納付が困難の場合、保険料の納付が免除されます。

免除申請は、本人が申請書を提出します。申請条件は、失業や所得の一定額減少となります。

免除額は4種類あり、全額、4分の3、半額、4分の1です。

保険料納付猶予制度って

20歳から50歳未満が対象で、本人からの申請書提出で、承認されると納付が猶予される。※ 平成28年6月までは30歳未満、平成28年7月以降は50歳未満が納付猶予制度の対象

20歳から50歳未満が対象で、本人からの申請書提出で、承認されると納付が猶予される。※ 平成28年6月までは30歳未満、平成28年7月以降は50歳未満が納付猶予制度の対象

免除・猶予の種類は大きく分けて5種類です。

免除・猶予の種類と対象者及び免除額

免除猶予の種類対象者免除額
法廷免除生活保護を受けている方、障害基礎年金と被用者年金(2級以上)を受けている方、
ハンセン病療養所などで療養している方
全額免除
申請免除収入額が減少した方、失業者など4段階
全額免除
3/4免除
半額免除
1/4免除
産前産後期間の免除制度国民年金第一号被保険者(出産日が平成31年2月1日以降)全額免除
(*出産予定日か、
出産日の月の全付きから4か月間)
学生納付特例制度学生本人の所得が一定以下の学生納付猶予
納付猶予制度50歳未満の被保険者。失業者など。納付猶予

保険料免除の年金の保険料

では、保険料の免除や猶予の場合、年金の額はどれくらい変わるのでしょうか。

各免除・猶予期間が1年として計算した表です。(産前産後期間の免除制度は4か月間)

免除・猶予の種類免除額1月あたりの年金の減額(円/月)
*2009年4月以降の期間分
1年あたりの年金の減額(円/年)
*2009年4月以降の期間分
1月あたりの年金の減額(円/月)
*2009年3月以前の期間分
1年あたりの年金の減額(円/年)
*2009年3月以前の期間分
法廷免除全額免除80098008006500
申請免除全額免除
3/4免除
半額免除
1/4免除
800
1000
1200
1400
9800
12200
14700
17100
500
800
1100
1400
6500
9800
13000
16300
産前産後期間の免除制度全額免除0000
学生納付特例制度納付猶予160019500160019500
納付猶予制度納付猶予160019500160019500
*2020年度の年金の満額支払い額から計算

国民年金の保険料の計算式は

免除期間や、猶予期間を考慮した式がこちらです。

やや複雑です。免除金額に対して、減額率がそれぞれ異なっています。

1例を上げると保険料1/4免除の場合は、支払った月数に対して、7/8をかけて年金の金額を下げています。

実際に年金の受給額を計算してみた

では、国民年金の受給額はは、支払い年数によってどれくらい違うのでしょうか。

40年、満額支払うと年間約78万円、一方受給の最低条件10年しか支払わないと、年間約20万円と、60万弱少なくなります。

月額に換算すると次のようになります。

実際は二か月分が同時に支払われますが、ひと月分だけでみると、最大で月額5万円ほども受給額にさがでてしまいます。

国民年金の保険料の滞納、免除分の減額を防ぐには

保険料の滞納や、免除、猶予により、減額された年金を増やすには、追納をオススメします。追納とは、保険料の後払いです。

また、社会保険料控除により、所得税や住民税が軽減され、節税にもなります。

追納はいつまでにすればいい??

年金保険料の追納は、未払いの場合は2年、免除の場合は10年です。

保険料の納付期間が、そのまま将来の年金の額に反映されます。なるべく多く受け取りたいという方は、追納することをオススメします

まとめ

年金の保険料が未払いや免除をしている方は、将来の年金の金額が大きく変わってきます。まずは、どれくらいもらえるかを自らが知ることが大事です。また、より多く、年金をもらいたいという場合は、追納等をするのがおすすめです。

参考URL

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

-年金, 投資

© 2021 技術・サイエンス専門ライター じーこの実験メモ Powered by AFFINGER5