技術系 材料力学

材料力学って何?5分で解説してみる。

材料力学は工学部の必修科目です。

単位のために勉強したはいいものの実践すると使えない。
そもそも材料力学はどのように使えばいいのか、
このような悩みはありませんか??

本記事を読むと材料力学はどのような学問であるのか、
また、
なぜ、必要なのかが理解できます。

 

材料力学はどのような学問?

材料力学は、機械を壊さないための設計指針を学ぶ学問です。なぜなら、魅力的な製品ができたとしても一瞬で壊れてはいけないから。

例えば、川を渡る橋を考えます。

この橋が、人が5人のっただけで崩壊するものだったらどうでしょう。

それに、車が渡ったら壊れるような橋だったら。
この場合は形としての橋ではありますが、機能としての橋ではありません。

つまり、形と機能、両者を満たす橋が必要になるわけです。

材料力学とは、橋や建物、自動車などの機能を満たすための基準を導き出す学問です。

 

なぜ、材料力学は必要?

CAE技術者という観点で言うと、数字の意味を理解するためです。

CAEの弱点は何でしょうか?

計算を終えると、数値で表される点です。

問題は一つ。数値が、正しくても間違っていても表示される点です。
計算結果だけでは正しいかは判断できません。

つまり、計算結果の妥当性判断には材料力学が必要です。

CAEの担当領域全体に関する最低限の基礎知識が重要です。

あらためて質問しましょう。

なぜ、材料力学は必要か?

答えは、計算結果を誤解せず解釈するためです。

-技術系, 材料力学

© 2021 技術・サイエンス専門ライター じーこの実験メモ Powered by AFFINGER5