自己啓発・雑記

『人に頼む技術』~もう『助けを求めることに』躊躇しなくなるための本~

じーこ
本業はメーカーのエンジニア、副業で技術専門ライター。

・Twitter:フォロワー1700人>>フォローはこちらから<<
・副業収入を手堅く5万円以上
・ランサーズの『認定ランサー』
・Amazon電子書籍2冊連続ベストセラー

本記事で紹介する本はこちら!

『人に頼む技術』

人に頼む技術

Kindleで読んでみる

※電子書籍に対応しています。


『人に頼む技術』はスティーブ・ジョブスも実践した『人にお願いする技術』についての本です。

あなたは人に「お願い」することが得意ですか?

「めっちゃ得意!!」

という人もいれば

「断られそうで怖い」「緊張する」

といった方も多いのではないでしょうか。

本書は、日本人が苦手な『人にお願いする技術』について、科学的な観点からのテクニックが述べられています。

英文の翻訳ということもあり、少々かたい日本語です。そこに読みにくさを感じなければ損はしない一冊ですよ。

『お願いすること』への悩みを持っている方におすすめ

こんな悩みを持つあなたへおすすめです!

  • 頼むのが苦手
  • もっと上手く頼みたい
  • 頼み方が分からない

人に頼む技術

Kindleで読んでみる

※電子書籍に対応しています。

本書を読んで学べること

予想よりも助けてもらえる

"助けを求める人は、相手が助けてくれる可能性を過小評価する傾向がある。これはとても価値のある事実だ。なぜなら、私たちが想定しているよりも、人から助けてもらえる可能性は高いということだからだ。”

""人に頼む技術コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学"(ハイディ・グラント, 児島修 著)

「助けてくれるかな?」

と不安になりますよね。

私自身もその可能性は低いよな、と思っていました。

ただこの本を読んで次のことをあらためたんです。

「以外に助けてくれるのか!!もっと周りに頼ろう!!」と。

 

人は助けた人に好意を抱く!?

"一方、助ける側に生じる効果は一貫しています。助けることで、相手に対してさらに好意を抱くようになるのです。"

"人に頼む技術コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学"(ハイディ・グラント, 児島修 著

この一文を読んだ時の衝撃は計り知れなかったです……

「助けた側のほうが人を好きになる」

もう一度言います

「助けた側のほうが人を好きになる」

一方で妙に納得した部分もあります。

手のかかる生徒や子供のほうが愛おしい。

ドラマでよく見る話ですね。

不良少年に対して、指導していた警官はずっと気にかける、面倒を見る

ことです。

助けて情が移るとはこのことかと……

同時に、周りに助けを求め続けたらいろんな人から可愛がられるのかな??

とも思います。

ただ、頼み方にも「いい頼み方」「悪い頼み方」があるんで要注意です。

人に頼む技術

Kindleで読んでみる

※電子書籍に対応しています。

 

これからはドンドン助けてもらおう!

本書を読んで「もっと周りにHELP!を出そう!」

これを切に感じましたね。

かくいう私は、あまり頼まない側の人間なので、『頼む側』のメリットを知れたのは大変有意義でした。

ポイント

その他にも、「頼むのを躊躇する理由」「頼み方のテクニック」も満載。『なぜ』から『やり方』まで盛りだくさんでした。

頼み方のテクニックを学ぶだけで、楽に生きていけるだろうなと感じた一冊。

就職する前に読んでおきたかったと……

読んでみて損はない一冊ですよー!

 

人に頼む技術

Kindleで読んでみる

※電子書籍に対応しています。

下記では自己啓発の本の一覧もまとめています。

是非参考にしてくださいね。

自己啓発の本をお探しの方はこちらもどうぞ!

伝わる文章の書き方の参考書を探している方はこちら

 

副業を始めようと考えている方はこちら!





-自己啓発・雑記

© 2021 技術・サイエンス専門ライター じーこの実験メモ Powered by AFFINGER5