書籍ビュー 自己啓発・雑記

プレゼンオンラインでの話し方!3つのコツを紹介

プレゼンテーション、オンラインサロンの発表が苦手だ…こんな悩みがありませんか?

苦手を克服する!なんて言われても、ピンとこないですよね…

でも、ほんの少しレベルを上げる簡単な3つのコツを紹介します。

誰でもできる内容です。オンラインでのプレゼンで意識してみてください。

そうすれば、苦手意識も少しだけ薄れますよ。

オンラインプレゼン

プレゼンが苦手な人が気をつける話し方!3つのコツ

気をつけてほしいことは、次の3つです。

オンラインプレゼンの話し方のコツ①テンプレートを作る!

自分なりの『テンプレート』を決めて、受講者の心を掴む戦略を立ててください。

ところで、プレゼンテーションで1番注目されるのは、いつだとおもいますか?

 

 

最後の結論!という方も多いでしょう。

 

しかし、その答えは『出だし』です。

つまり、掴みが必要なのは、最初の数分で相手に面白い!

そう思ってもらう必要があります。

例えば、YouTubeやラジオ、ブログでも最初の数分を見聞きして、そのまま見るか、聞くか、読むか決めますよね。

 

 

発表も同じなんです。

 

 

スタートでつまらないな、

と聞かれると途中どんなに内容が良くても
聞かれなくなっちゃいます。

 

そんなのを防ぐためにも、

スタートが重要なのです。

 

とはいっても、最初の頃は発表者が1番緊張していますよね。
初心者であるほど、言葉が出てこなくなってしまいます。

 

そこで、大切なのが『テンプレート』です。

 

最初の数分だけは「絶対にこのことを話す」と決めておきましょう。

 

そうすれば、自分の緊張も最低限にできます。

発表が緊張する方は、最初のつかみで自分のペースをつかんでいきましょう。

 

オンラインプレゼンの話し方のコツ②言葉に詰まるならしゃべらない

2つ目は「えー」「ちょっと」などを無くすことです。

これらの間をつなぐための、口癖は意外なほどに耳に残ってしまいます。

本当に聞いてほしい内容が入ってこない…なんて恐れもあるんです。

 

学校の授業、塾で先生の口癖を数えたことはありませんか?

 

「あの先生、1時間で「えー」って100回も言ったよ!」

 

と授業を聞かずやっていましたよね。

 

このように、ふとしたことは相手の耳に残りやすいです。これを無くしていきます。

 

でも、「無意識だし…」「何か話さないと…」など、どうしても発表やオンラインサロンでは、無音を嫌いますよね。

 

実はこの無音こそ、大切です。

 

テレビをみたり、ラジオを聞いたりしてると、ふと音がなくなると逆に注目しませんか?

 

「何かあったか?」「機材の不具合かな…」といった具合です。

 

発表時も同様のことがいえます。

 

話の流れで突然、音がなくなるとそこに着目します。

 

「これから大事なことを話すのかな?」「ここが要点だな」などです。

ブログでも発表資料でも、余白があるとそこに注目しますよね。
超えも同じです。

 

つまり、無音が生まれると心理的に「大事なのでは」と意識が向きます。

 

このこと、利用しましょう。

 

具体的には、1文話したら一拍間を置く。大事な内容の前後は一拍置くなどです。

 

一瞬待つだけなので、難しいテクニックもいらない、誰でもできます。

 

もし、台本を準備しているなら一拍おく!などと記載をしておく、色を付けるなど見た目で気づける工夫もかんたんですね。

 

オンラインプレゼンの話し方のコツ③結論から話す

1番簡単な工夫は、結論から話すことです。
文章でも、PREP法と結論ファーストが好まれます。

なぜなら、読み手や聞き手は結論を早く知りたいからです。

 

それにも関わらず、長々と説明が入ると結論が待ちきれなくなります。

 

最初に結論→その理由→もう一度結論などと、話す流れを決めておくと便利ですよ。

 

そうはいっても、緊張してアタフタすると長々と話してしまいますよね。

特にプレゼンテーションを用いると、書いてある内容を全部話したくなっちゃいます。

 

他にも、相手に伝わっているか不安になりつい話しすぎてしまう…こんなことありますよね。

 

これをなくす簡単な方法を教えます。

 

 

スライドに結論以外の言葉を書かない、最低限にすることです。

 

 

スライドに文字があると、話してはつい読んでしまいますよね…そうすると、読むことだけに集中して、言いたいことが伝わりにくくなっちゃいます。

 

ただスライドに重要な1文だけあれば、最悪そこさえ伝わればいいのです。

 

話しすぎて、わかりにくいなら口下手でも1つの内容を、どん!と伝える方がベターです。

 

それに、文章がおおいと

 

聞き手もその文字を読む→発表者の話を聞かない、

 

と悪循環に陥ります。

お互いにとって不幸です。

 

もう一つ簡単なコツがあります。それは短文です。

 

話していると、言い切るのをやめてしまいませんか。

 

例えば、〇〇や〇〇、〇〇といって、そして、△△だから、と…。1つの文が何百字にもなってしまう。

こんな話し方です。

話す

オンラインプレゼンは口下手でもできる話し方を身につける

 

プレゼンテーションは話す前の考え方で、解決できます。

 

肝は「話す内容を決める」と「話さないことを決める」こと。

①発表の最初に話すこと

②「えー」や「ちょっと」と話すなら、話さない

③スライドの文字は結論だけ書く

 

誰でも簡単に真似できる3つの工夫だけです。

 

難しいな、と感じても大丈夫です。

日頃からできるのは、簡単なことがあります。

 

それは、普段の会話も短文で話すことです。

 

誰でもいつでも、どこでも実践できるので確かめてください。

ZOOM

プレゼンが苦手な人におすすめの本

 

この記事でお伝えしたスキルだけでも、ある程度は、プレゼンの苦手意識はなくなります。

ただ聞いただけでできたら、苦労しないですよね。

そこで話し方の本を読み、もっと「伝わる話し方」の本質を学ぶのがオススメです。

わたしが参考にした話し方の参考書はこちら。

世界最高の話し方――1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール


 

話し方のコツがパターン別に紹介されています。だから、知りたい内容だけを目次で調べてサクッと読めます。それに、実践例も記載されていて、実用的ですよ。

読んで損はないですよー。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じーこ

メーカーの研究開発者 技術・サイエンスライターをしています。 ■資格 計算力学技術者 固体1,2級 国家資格 技術士補(機械) ■専門 CAE、機械系 このサイトを運営しているこーじです。 仕事の実情や、たまにためになる記事を徒然なるままに書いていきます。

-書籍ビュー, 自己啓発・雑記
-, ,

© 2021 技術・サイエンス専門ライター じーこの実験メモ Powered by AFFINGER5